生まれた時から、ベッド党。

思い起こせば、生まれた時から、寝る時は、ベッド、だった。 記憶は無いが、生まれて最初のベッドは、柵に囲われた、ベビーベッド。 弟が生まれた後は、彼に譲って、両親のダブルベッドの、真ん中を占領してたなあ。

憧れだった自分だけのベッド

私は2人姉妹の妹です。なので小さい頃は二段ベッドで寝ていました。子供部屋も一部屋で部屋に押入れもなかったので必然的にそうなったんだと思います。 でも成長していくうちに、自分の部屋で1人用のベッドを持つことにとても憧れます。

2段ベッドとダブルベッドの使い方

私が生まれてから記憶にある限りで、ベッドで寝ていました。 弟がいたので幼少期は2段ベッドです。 上が良かったり下が良かったりその都度話し合いで決めていました。 小学5年生の時、引越しをきっかけに弟とは別々の部屋。 2段ベッドを分解してそれぞれ使っていました。

二段ベッドの溢れるロマン

小さい頃ってやたらと憧れたよね、二段ベッド。 なんなんでしょうかねー あと高いところに行きたい衝動は。 子供って高いところが好きなのかしら? でもなんか秘密基地っぽくてさ、 ハシゴを登った先には………!!! 的な感じでロマンがあるよね。笑

幼いころのベッドに対する憧れ

幼いころ、ベッドで寝ることに憧れがあった。 今から30~40年前のことだから、まだそれほどベッドというものが日本の世の中に普及していなかったのかもしれない。

子供のころの2段ベッドの思い出

私は子供の頃、常に4歳年上の姉と同じ部屋でした。 そして部屋は6畳程度の大きさしかなく、かつ姉と私それぞれの勉強机も置いてあった為、スペースの都合上もちろんベッドは2段ベッドでした。